--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.10.17 10:24|脱原発
話題の書、「原発ホワイトアウト」(若杉冽 講談社)
帯に<現役キャリア官僚のリアル告発ノベル「原発はまた必ず爆発する」>とある。

「原発もの」に食傷気味で、図書館に入ってきてから読もうかと思っていたが、保坂典人さんがTwitterで勧めていたのに触発されて購入。
最初のあたりは、著者の口ぶり、言葉の端々に、あの「左翼のくそども」と言った復興庁役人に感じたのと同じ、「エリート」の屈折した恨み、ぼやきの匂いが漂っているような気がして不愉快で、買ったのを半分後悔しつつ読み進めた(^^)
しかし、それはそれとして読み終えると、やはりこれは脱原発を本気で考えるには必読書だと思い、まだの方には勧めたい。
===
私も含めて脱原発を求める側は、「原発利権」「原子力ムラの支配」などと口にして、概念的に、あるいは断片的には知っていたような気でいるが、小説、虚構という逃げ場を用意しながらとは言え、根深い原発を巡る利権と支配の構造や手口を、こうまで具体的に見せつけられると、その強大さに改めて立ちすくむ思いがする。
「関東電力」の某幹部が立案し組織し育ててきた、電力会社とその傘下の広大な分野にまたがる受注企業から裏金を集め政治家や官僚に分配する「合法的」システムは、もはや電力会社も政治家も止めることができないほど社会に根付いてしまっている。その資金を駆使して行われる、周到極まりない政界工作、徹底したメディア対策、官僚の取り込み、著名人の囲い込み、排除、邪魔な政治家追い落としの謀略、市民への分断工作等々、時には警察、検察さえ操って繰り広げらられ工作の手口が明かされる。
===
本書が暴く裏工作の実態を念頭におくと、さまざまな事件を貫く糸が見えてくる。
「民主党政権」という実験、それをつぶした官僚たちのサボタージュ。
自民党的支配構造=集金、集票の構造を突き崩そうとした小沢一郎の戦略と、検察、メディアを総動員した徹底的な小沢つぶし。(このあたりは直接本書と関わらないが、官僚、政治家、検察、メディア等の絡み具合は通底する。)
福島事故後、脱原発に舵を切った菅に対する総攻撃。
規制庁官僚の情報漏えい問題、
山本太郎へのスキャンダル攻撃、みのもんた叩き、藤原紀香への公安の嫌がらせ、etc etc

そして、今確実に標的とされているのは泉田新潟県知事。「私が死んでも自殺ではありません」とまで宣言している泉田氏は、敵の正体や狙いも承知の上で闘っているのだろう。佐藤元福島県知事や小沢、菅の轍を踏ませないように、市民が監視し、見守り、支えていかなければならない。
東電や規制庁の記者会見で、情報隠しを許さず核心をつく質問を重ね、ネットで発信しつづけるという貴重な活動を続けている「おしどりマコ、ケン」にも最近尾行が付きまとっているという。
安倍政権の下で、電力の裏部隊も警察も鎖を解かれたようにうごめき始めているようだ。
============
本書が暴いたのも、おそらくは「原子力ムラ」、いや、すでに「帝国」というのがふさわしい支配構造のごく一端にすぎないであろう。「リアル告発ノベル」と言いながらも、著者の視野の限界、あるいは身元特定を避ける配慮からの制約や、さらには著書の「意図」から、書けなかった、書かなかった事実もあるにちがいない。実際、例えば、経産省官僚が安倍晋三に「菅のせいで海水注入が遅れた」というガセネタを吹き込んで国会やメディアで叩かせたことなど、菅追い落とし工作については全く触れていない。
それでも本書が暴いている電力会社の強大な影響力、その構造や手口の実態は、大部分の一般国民にとっては想像を絶するものであろう。
この、電力・原子力「マフィア」に支配されていると言って過言でないこの国を「脱原発」へ転換させるのは、ほとんど「革命」に近い闘いなのかもしれない。
どうすれば、それが可能なのか、正直、立ちすくむ思いがする。

少なくとも、未だに菅元首相に帰れコールをしているような幼稚な認識ではとてもかなわないことは間違いない。
デモや集会、講演会や学習活動で啓発・・それらは市民運動の王道ではある。しかし、それだけで脱原発を実現できると思うなら、それは余りにナイーブすぎるだろう。
「敵を知り己を知れば百戦するとも危うからず」と言う。
本書がその一端を暴いたような「マフィア」の謀略工作。そういうことがあると言う事実をしっかり頭に刻みこみ、メディアの宣伝に呑み込まれず、しっかり世の動きを見極めること。
分断を持ち込もうとする動きに流されず、数少ない電力御用達ではない政治家たちとは党派だの過去の言動だのを超えて支え合う、そういう柔軟さとしたたかさを学ぶことは最低限必要であろう。
そこから、どう前進していくのか、それはこの国の「民主主義」を取り戻す闘いでもある。
スポンサーサイト
2013.09.04 08:37|未分類
汚染水処理、「政府が一体として取り組む」って?
マスメディアは「やっと政府が」と後押しばかりしているが、東電を破綻処理しないでやるなら、それは東電から政府=税金=国民へのツケ回しだろう。東電としては自分の財布で真剣にやるより、のらりくらりしておいて、世間がたまりかねて「政府がやれ」と言ってくれるのを待つ方が、経営上も株主さまや銀行さま向けにもありがたいわけだ。しかも、今回の効果の怪しい凍土壁の維持費=莫大な電気代は誰に払う?東電だよね。東電にとってはまるで「焼け太り」みたいな話だ。そう考えるとここまで事態を引き延ばしたのも安倍政権の東電救済のためのシナリオじゃないかとさえ思える。最初からそこまで意図していないとしても、対応策考える中でそういう計算した奴がきっといる。
こんなこと許していては東電の(そして政府、官僚の)モラルハザードはさらに進むのは必至だ。
事故処理は政府がやれ!ただし、東電は破綻させ、送電網売却も含めて徹底的に責任負わせるべきだ。
2013.08.02 15:53|未分類
前記事は、いささか早とちりであったようだ。
「谷岡さん引退」と伝え聞いて、十分確認せずに想いを綴ってしまったが、その後、ご本人の記者会見動画やツイッター、フェイスブックでの発言を見聞きして、早とちりと知った。

■さすが、只者ではない!

私のような凡人は、この国の「主権者」の愚かさに「愛想がつきた」のですが、さすがに只者ではない谷岡さんは、意気消沈、泣き言、弱音どころか、これを足場に真の主権者を育てる大事業を志しておられるようです。
私のような安易な?愛想つかしに逃げ込まないで、さらに進もうとしている彼女の今後に注目し、微力ながらも応援したいと思います。

以下、谷岡さんのFacebookからの転載です。
IWJの記者会見録画 25分あたり以後の彼女の発言も重いものがあります。
→p.tl/dRoc

**************************
私は、休みません。選挙の結果がどちらに転ぼうと、その後の展開は、この半年間、ずっと考えてきました。そして、ある意味、この結果が新たな可能性を開くと信じます。主権者による政治運動体、いわば「主権者党」を創ってみたいのです。議員を出すことを目的にするのではなく、議員を教育し、使いこなし、チェックし、評価し、改善点を指摘できるような存在。そのためには、政治、行政のからくり、しくみを知り、現実的に動ける主権者たちが必要です。
こんな事が可能になるには、長い時間が必要でしょうが、誰かが始めないと実現しないから、私と賛同してくださる皆さんといっしょに始めるべきです。私の以前からの願望でしたが、皆さんのメッセージを読んでいて、可能だと確信しました。企画の断片が頭の中を飛び回りはじめています。まとまった計画にするまで少し時間をくださいね。

私が本当にやりたいのは、民が主の社会における本来的なあり方を追求することのような気がします。
議員は主権者たる国民に仕える存在のはずで、これに官僚が仕えるはずが、それが逆転しています。変えはじめる時でしょう。
6年間も永田町にいて、いろんなことを経験し、知り合いを作ってきたのは、そのための準備だったのではないでしょうか。大野党で修行し、与党というものの中にいたし、会派、政党を立ち上げ代表として運営もしたのだから、多様な経験があると思います。でも、ひとつの党に属していたのでは、つまり党派性を自らがもってしまっては、今必要なことはできないと思います。いくつもの党に協力的な議員はいます。超党派で働きかけられると思います。

漠然としたイメージがもう少し具体化し、断片が繋がってくれたら、仲間を募ります。協力願います。
谷岡くにこは、今までのような特権はなくても、もっと自由で囚われない民間政治家として再出発したいのです。二度とバッジをつけるつもりはありませんが、政治を主権者の手に戻すために働きます。
******************

彼女の志に心から拍手を送ります。
2013.07.23 09:31|世の動き
兵庫選挙区では、緑の党、松本なみほさん、比例区はみどりの風、谷岡くにこさんの当選を願っていましたが残念です。
猛暑の中、全力で奮闘された方たちを心からたたえたいと思います。
候補者、支援者のみなさん、とりあえず身体を休めてください。


谷岡さんは政治から引退の意思を表明されたそうです。
「ご本人は、本当は政治より教育の現場に戻りたいと思っている」と側聞していましたので、結果が出た時点で政界引退は予想していました。
だからこそ、当選して欲しかったのですが・・。

 議員であり続けるために何かを言う職業政治家なら、たとえ雪崩て行く<民意>(昨日の朝日で誰かが「熱狂なきファシズム」と巧みな表現してましたね)であっても、それは折り込んで票を取るのが選挙であり、敗北は候補者側の責任かもしれません。
しかし、谷岡さんやなみほさんのように、言うべきこと、なすべきことのために議員であろうとする候補にとっては、そっぽを向く<民意に>にすりよっては立候補の意味がありません。

谷岡さんは、全力を傾けて理念、信念、政策を訴えられ、その内容も印象も抜群で、こころある者には強く響くものでした。
しかし、多くの<有権者>は聞く耳持たず、衆院に続いて、311をきちんと受け止めようとするまっとうな議員を軒並み追放するような愚かな選択を重ねました。
松本市の菅谷市長が、「日本人は重度の先天性反復性健忘症」とツイートされてたと記憶しますが、その上に、今自分たちが、この国が、どこにいるのか、何が起こっているのか、どこに向かおうとしているのかが分からない「見当識」喪失で、「財布がない、金がない」とおろおろする認知症まで発症したようです。

谷岡さん(たち)は、今言うべきことなすべきことをまっとうに訴えたのであり、まさにそれ故に今の<有権者>に受け入れられなかったのです。彼女(たち)の無念さは察するに余りありますが、「責任」を感じて心を痛めたりはしないでほしいと思います。
だから責任論で引退と言われるなら、それは違うと言いたいのですが、ご本人が、本来の居場所で役割を果たしたいと思われるなら祝福の気持ちで見送りたいと思います。

勿論、残念至極で、できることなら余りに未熟な緑の党の面々と膝づめで話し合い、議員経験を通じて得た知恵、ノーハウを伝授し、その教育係となって、他の「風」の前議員ともども、日本の緑派の育ての親となってほしい・・などと夢想してしまいますが。

いずれにしろ、私は、今回の結果全体は衆議員選挙の結果から予想していましたので驚きよりも、ただただこの国、国民のありように呆れ、「愛想が尽きた」というしかありません。

テーマ:政治・時事問題
ジャンル:政治・経済

2013.07.17 10:44|脱原発
安倍首相は未だにデマで福島事故の重大化を菅元首相のせいにし、東電や原子力ムラ、そして地震列島に54基もの原発を作ってきた自民党自身の責任は露ほども感じていないらしい。
彼は当時国会で「菅首相が海水注入を遅らせた」と追及し、菅たたきの口火を切ったが、これはデマで、東電幹部が勝手に憶測しただけだったこと、事実海水注入は本社の指示を無視して続けられていたことは、国会事故調報告や関係者の証言等で明らかになっている。しかも、安倍氏にそのデマを吹き込んだのが、急速に脱原発に舵を切る菅首相に危機感を持った経産省の幹部だったことも発覚している。
にも関わらず、安倍氏は未だにメルマガで同様のデマを流し続けているそうだ。菅氏が名誉毀損で提訴(7月17日朝日新聞)というのも、自分の事というより事故の実態を歪め、国民の判断を捻じ曲げることを見過ごせないと言うこととしてうなづける。

自分達が原子力ムラと癒着してごり押ししてきた結果招いた原発の大事故、幸運にも民主党政権下で起こったのを幸いに、自分たちの過ちも責任もそしらんぬ顔で、民主党政権に責任をかぶせ、脱原発「依存」でございと二枚舌で国民を欺き、今や原子力ムラの復権の立役者になろうとしている。
(そんな恥知らずな人物が「日本を取り戻す」など、それこそ昔の「武士道」に照らせば噴飯ものだ。)

菅政権の事故対応が褒められたものでなかったことは間違いないが、史上初の巨大地震+巨大津波+原発事故という突然の危機に、一体誰だったら完璧にやれたと言うのか?
菅が怒鳴ったのどうのと枝葉末節、くだらない揚げ足とりをマスコミまでがあげつらったが、そういう個性の菅だからこそ東電本社に乗り込んでまで情報一元化し、東電撤退を阻むことができたのだ。(東電番頭のような安倍政権だったらと思うと背筋が凍る)

当時の政権中枢のインタビューやドキュメンタリーをみれば、後からの批判や評論は何とでもできるし、避難のまずさや被曝基準のデタラメさなど、問題は山ほどあったが、あの晴天の霹靂、突然の国家存亡の危機に、双葉マークの政権にしては本当に良くやったとも思う。
避難対応や基準問題も、実情から言えば多分に実務を仕切った官僚たちの責めに帰すべき点が大きいだろう。

安倍政権による先祖返りぶりを見るにつけ、改めて菅政権が不十分なりに311を教訓化しようとしていたことは、正当に評価し直すべきだと思う。
国家戦略室を中心に「国民的議論」を展開したのも、国民世論をバックに経産省や文科省官僚の抵抗を抑え、なんとか脱原発に方向転換しようということだったろう。
「原発ゼロ」や核燃料サイクル撤退が土壇場で後退したのも、政権の意志というよりむしろ官僚軍の反撃に一歩後退を余儀なくされたと言うのが実態だろう。
政策判断にあたって、曲がりなりにもあれほど徹底して国民の声を聴き、それを公開で進めたのは画期的なことであったが、それも安倍政権になるや、まるでなかったことにされてしまった。

脱原発を求めた市民運動の側は、あまりにナイーブで性急にすぎて、原子力ムラの総力を挙げた抵抗、その先兵たる、政府にとっては獅子身中の虫でもある官僚軍とせめぎ合っていた菅政権の実情への想像力にかけていた。
そのため100点でないことを責めるに熱心すぎて、結果的に菅政権を原子力ムラと市民で挟撃してしまった。

今、規制委員会がズルズルとムラに引きづり込まれつつある。これを批判するのは当然ながら、攻撃一方では、委員会をもっともっと骨抜きにしたい連中と一緒に挟み撃ちして潰してい、同じ轍を踏むことになる。批判しつつも支えるという両面作戦の姿勢で、したたかに見ていかねばならないと思う。


[主な参考文献]
 「国会事故調査委員会報告」
 「メルトダウン」 大鹿靖明 講談社
 「東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと」 菅直人 幻冬舎新書
 「叩かれても言わねばならないこと」 枝野幸男 東洋経済
 「プロメテウスの罠」 朝日新聞特別報道部
 「共謀者たち」 河野太郎 牧野洋 講談社

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Author:神戸ネットワーク
脱原発、環境、平和 市民活動のコーディネイト・支援
管理人連絡先=sts_kgw★live.jp(★→@)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。