スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THINK FUKUSHIMA いのちを考える神戸パレード

2011.05.21 08:10|脱原発
3・11から3ヶ月後、6・11脱原発百万人アクションが呼びかけられています。
http://nonukes.jp/wordpress/
これに応えて、神戸でも、4/16藤田祐幸さん講演会を出発点として
動き始めた「さよなら原発神戸アクション」と
5/7に行われた「THINK FUKUSHIMA+WALK in 神戸 デモ」の主催者による
共同の呼びかけで、集会とパレードが行われます。

全国各地、世界各地で、それぞれの思いを込めて、
それぞれのスタイル で行動を!!
THINK FUKUSHIMA いのちを考える神戸パレード

6月11日(土) 午後1時~4時 雨天決行

集会  午後1時~3時 東遊園地(神戸市役所南側 JR三宮南へ徒歩5分)
      小出裕章さん(京都大学原子炉実験所)、纐纈あやさん(映画「
      祝の島」監督)もアピールされます。

パレード 午後3時~4時 三宮センター街など歩道を中心に元町までを往復


2011年3月11日 東日本大震災により多くのいのちが失われました。

そして、今もなお福島第一原発から出続ける放射線は、人だけでなく
木々や草花、海のいのち、山のいのち、母なる大地の上に降り注ぎ、
再生、復興への大きな妨げとなっています。

私たちは、今回の原発震災により傷ついた多くのいのちが癒されると共に
いのち優先の持続可能な社会の実現を願います。

今、福島を中心に起こっている出来事は、若狭湾に多くの原発を抱える
私たちにとっても他人事ではありません。

過剰に電気を消費し、それに依存してきた私たちの暮らしと政治、経済の
在り方が、足元から問われています。

大きな震災を経験した私たちだからこそ出来る事もあります。

私たちが変れば社会が変わる!

いのち優先の持続可能な社会を、今、ここから共につくり始めましょう!
原発のない未来を一緒に考え、一緒に作っていこうと、街に呼びかけましょう!

よびかけ さよなら原発神戸アクション


6/11Flyer
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

福島県出身者です。福島を思いデモをして下さるとこのこと、本当にありがとうございます。

反原発はもちろんですが、実際に今福島で苦しんでいる人々は、まだそれほど大きな問題を考えられる余裕はないのではないかと思います。せっかくの皆さんの優しいお気持ちと、福島の被災者の人々の間に温度差が生まれてしまうのが心配です。

ですから今回のデモにおいて、少しでもいいですから20㍉シーベルトの問題や東日本の除染の問題も取り上げて頂けないでしょうか。きれいな大地、きれいな空気を日本全体で取り戻せるように、そしてその地で子供たちがのびのびと暮らせるように助けて頂けるとありがたいです。もちろん私も近隣のデモに参加します!

こんにちは

こんにちは
6.11 全国100万人アクションへのお取り組みに賛同させてください。
nanohanaともうします
すべての原発の停止を実現する、ナノハナ革命「再稼働STOP作戦」をご提案させてください。
皆様のお取り組みの一端として、ご検討いただければ幸いです。

日本中に原発54機(もんじゅと常陽いれて56機)があるというけれど、現在実際に動いてるのは17機だけだそうです!!意外に少ない。(電力にしたら全体のわずか10% 止めても電力も不足しない)

しかも、残りの17基も定期検査のため1年以内にすべて止まるのです。8月までに42機が止まり、来年の4月には全部止まる。なんと、何もしなくても来年4月には原発は自動的に止まる。

だから、今止まっている原発を、運転再開させないようにすれば、1年後にはすべての原発を止めることができるのです!

動いている原発を止めるのはななか大変そうですが、止まっている原発の再稼働を許さないことなら実現可能性がずっと高い。

私たちはこのことを喜納昌吉&チャンプルーズのブログで知りました。(http://champloose.ti-da.net/e3345423.html
そして、これなら行けると思った。
原発停止のための具体的な道筋が見えた気がして、うれしくなりました。

どうでしょうか?なんだか、出来そうな気がしませんか?

実際に、震災後、どこの県でも県民世論に配慮しており、運転再開した原発は1機もない。

運転再開には立地県の承認が必要らしいですが、立地県知事のほとんどは慎重な姿勢を示しています。(北海道の高橋知事はあやしい)

ですから、エネルギーシフトパレードや、反原発デモンストレーションなどのアクションや、自治体・首長への働きかけのなかで、運転再開の阻止ということに力を入れてゆくというのはどうでしょうか?
再起動お断りを強く打ち出してゆくのです。
そうすれば、鍵を握る知事にとって、再起動のハードルはどんどん高くなってゆく。

一番動き出しそうな原発に、世論を集中させて、これをくい止める。地元や近いところの停止原発の再稼働を許さない。

ジャスミン革命ならぬ"ナノハナ革命"
みなさんの取り組みの中で、ご検討いただければと思って、提案させていただきます。
ともにがんばりましょう

nanohana : 地球と7代先のこどもたちを元気にしてゆく情報発信サイト
http://nanohana.me/
非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

神戸ネットワーク

Author:神戸ネットワーク
脱原発、環境、平和 市民活動のコーディネイト・支援
管理人連絡先=sts_kgw★live.jp(★→@)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。