スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫陽花革命が始まった

2012.06.23 08:28|脱原発
官邸前、とうとう4.5万人が集まりました。警察発表でさえ1万とかだから、これはすごい。
来週は10万になる可能性もありますね。

「紫陽花革命」という言葉が流れていますが、「革命」という言葉に希望と同時に前途の厳しさも感じます。
大手メディアが信じがたいほど徹底黙殺する中で、ネットを通じてこれほどの人々が結集してくる姿に希望を見出だします。
同時に、311以後の原子力マフィアサイドの動き、メディア支配の根深さなど、これほどまでの電力・原子力支配の強力さ、根深さを見せつけられて、これは、本当に「革命」並みのエネルギーを要する闘いで、前途はまだまだ厳しいと痛感しています。

「革命」は一夜にしてならず。ただし、長期的に見れば原子力マフィアに未来がないのは明らかです。
「再稼働」は重要な局面ではあるが、一つの局面にすぎません。
今、全力で声をあがている人たち、とりわけ若者たちに、仮に再稼働強行されても挫けたりあきらめたりせず、脱原発に向けてしぶとくしなやかに闘い続ける意思を固めてほしいと思います。
大事なことは、この怒りや想いを持ち続けること。

戦後最大の国民運動だった60年安保闘争では、大規模なデモが続いていたけれど、一気に膨れ上がったのは国会が条約批准を強行採決した後で、うろたえた岸首相が自衛隊を出動させろと叫んだほどの大群衆が国会を包囲し、樺美智子さんが警官に虐殺されるという事態にまでなりました。でも、ことが条約だけに採決されてしまえば後の祭りで、「壮大なゼロ」とまで言われ、頑張った人ほど深い挫折感に陥りました。

今、再稼働阻止に燃えている人々が、今の局面にこだわりすぎるあまり、同じ挫折感を持たないか、老婆心ながら心配しています。
大丈夫!脱原発は条約批准のように一発勝負ではない。すべての原発が止まるまで続く長期戦、日常の中に根付いた運動にできるから、焦らずあきらめず!


神戸のアーティスト だるま森さん作成の大人気のプラカードデザイン:商用配布以外は自由にお使いくださいとのことです。6/24でも持ってる人いましたね。
だるま森再稼働プラカード
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

神戸ネットワーク

Author:神戸ネットワーク
脱原発、環境、平和 市民活動のコーディネイト・支援
管理人連絡先=sts_kgw★live.jp(★→@)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。