スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会議員に聞いてみよう partⅡ 再挑戦

2013.04.07 14:34|脱原発
突然の衆議院解散で中止を余儀なくされた「国会議員に聞いてみよう PartⅡ」が改めて開催されることになりました。

12月の衆議院選挙は、民主党への失望と閉塞状況への不満から、自民党への回帰と「維新」など現状打破を唱える政党への雪崩現象を招き、安倍政権の下で原発政策が先祖返りしてしまうという信じがたい状況を生んでしまいました。
背後で自民復権を全力でサポートしたにちがいない原子力マフィアは胸をなでおろし、もはや国民世論も恐るるにたらずと、再び原発維持延命に向けて行進を始めています。

世界を震え上がらせた福島原発事故を目の当たりにし、未だに綱渡りのような事故収束作業が続き、数十万の人々が家も田畑も追われているさなかに、あたかも福島事故を忘れたかのような選択をした国民の責任は重い。
「ふしぎの国」日本に世界中の眼(まなこ)ある人々は嘆き、あきれていることでしょう。

と、嘆いていても始まらず、逆風の中であればこそ、いっそう市民が政治家に具体的に物申していくことが重要になります。

そこで、仕切りなおして「国会議員に聞いてみよう PartⅡ」を開催しようということです。
みどりの風 谷岡郁子参議院議員は、多忙ななか快く来神を承諾してくださいました。
兵庫県選出議員を中心に、衆参国会議員、三銀予定候補、政党などに出席要請中です。

脱原発基本法案への態度、国会事故調の提言をどう受け止めるのか、遅々として進まない「被災者支援法」の具体化、などなど、国会が果たすべき役割を中心に議員の見解をただし、市民の声をつたえたいと思います。

ぜひ、情報を拡散し、市民の熱気で会場を埋め尽くしてくださるようお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

神戸ネットワーク

Author:神戸ネットワーク
脱原発、環境、平和 市民活動のコーディネイト・支援
管理人連絡先=sts_kgw★live.jp(★→@)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。