スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷岡くにこさんの新たな歩みに期待

2013.08.02 15:53|未分類
前記事は、いささか早とちりであったようだ。
「谷岡さん引退」と伝え聞いて、十分確認せずに想いを綴ってしまったが、その後、ご本人の記者会見動画やツイッター、フェイスブックでの発言を見聞きして、早とちりと知った。

■さすが、只者ではない!

私のような凡人は、この国の「主権者」の愚かさに「愛想がつきた」のですが、さすがに只者ではない谷岡さんは、意気消沈、泣き言、弱音どころか、これを足場に真の主権者を育てる大事業を志しておられるようです。
私のような安易な?愛想つかしに逃げ込まないで、さらに進もうとしている彼女の今後に注目し、微力ながらも応援したいと思います。

以下、谷岡さんのFacebookからの転載です。
IWJの記者会見録画 25分あたり以後の彼女の発言も重いものがあります。
→p.tl/dRoc

**************************
私は、休みません。選挙の結果がどちらに転ぼうと、その後の展開は、この半年間、ずっと考えてきました。そして、ある意味、この結果が新たな可能性を開くと信じます。主権者による政治運動体、いわば「主権者党」を創ってみたいのです。議員を出すことを目的にするのではなく、議員を教育し、使いこなし、チェックし、評価し、改善点を指摘できるような存在。そのためには、政治、行政のからくり、しくみを知り、現実的に動ける主権者たちが必要です。
こんな事が可能になるには、長い時間が必要でしょうが、誰かが始めないと実現しないから、私と賛同してくださる皆さんといっしょに始めるべきです。私の以前からの願望でしたが、皆さんのメッセージを読んでいて、可能だと確信しました。企画の断片が頭の中を飛び回りはじめています。まとまった計画にするまで少し時間をくださいね。

私が本当にやりたいのは、民が主の社会における本来的なあり方を追求することのような気がします。
議員は主権者たる国民に仕える存在のはずで、これに官僚が仕えるはずが、それが逆転しています。変えはじめる時でしょう。
6年間も永田町にいて、いろんなことを経験し、知り合いを作ってきたのは、そのための準備だったのではないでしょうか。大野党で修行し、与党というものの中にいたし、会派、政党を立ち上げ代表として運営もしたのだから、多様な経験があると思います。でも、ひとつの党に属していたのでは、つまり党派性を自らがもってしまっては、今必要なことはできないと思います。いくつもの党に協力的な議員はいます。超党派で働きかけられると思います。

漠然としたイメージがもう少し具体化し、断片が繋がってくれたら、仲間を募ります。協力願います。
谷岡くにこは、今までのような特権はなくても、もっと自由で囚われない民間政治家として再出発したいのです。二度とバッジをつけるつもりはありませんが、政治を主権者の手に戻すために働きます。
******************

彼女の志に心から拍手を送ります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

神戸ネットワーク

Author:神戸ネットワーク
脱原発、環境、平和 市民活動のコーディネイト・支援
管理人連絡先=sts_kgw★live.jp(★→@)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。