--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.17 14:07|未分類
野田首相は、西川福井県知事の求めるままに、大飯3.4号機の再稼働を宣言した。
性懲りもなく安全神話を謳うばかりでなく、原発なしでは国民生活が成り立たないとまで述べて、原子力マフィアの喝さいを浴びている。
まさに、恥知らずな原発復活宣言ともいうべきである。
その上、消費税論議のどさくさにまぎれて新原子力規制制度の法案の中に40年廃炉骨抜きの条項まで潜り込ませた。
原発マフィアたちは狂喜し、関電社長は早速「40年廃炉の根拠を示せ」と、かさにかかって反撃を開始している。

「脱原発」のポーズすらかなぐり捨てた野田政権は、同時に消費増税についても、「税と社会保障の一体改革」の旗印もほうりな投げ、事実上自民党案を丸のみし、やらずぶったくりの消費増税に向けて暴走している。

民主党は、政策を掲げて国民の選択を求める「マニフェスト選挙」を謳い、国民の期待を一身に集めて政権を獲得しながら、政権につくや、八場ダム、普天間移設を皮切りに、次々と公約を放棄、脱原発依存も消費税も、国民に約束した主要な政策を軒並み放棄、むしろ真逆な方向にひた走っている。
これは政策の是非、賛否以前、政党や政治家の倫理・道義の問題だ。
政権の正当性の根源は唯一、主権者たる国民の選挙による付託にある。その選挙での公約をこれほどまでに無視する政権にはもはや正当性はないというべきだ。
もとより政治の世界、公約の百%実現は望むべくもないが、少なくとも実現に向けて最大限の誠意と努力を払った上で国民に納得行く説明をして部分修正するならまだしも、何の説明もなく丸ごと放棄し真逆な政策を公然と進めるなど論外である。
およそこれほど国民を愚ろうした政党はかってない。

民主党が次期選挙で壊滅的打撃を受けることは間違いあるまい。
それは自ら招いた報いだ。
しかし、彼らが壊したのは民主党ではなく、政党と議会制民主主義への信頼そのものである。
自民党の長期政権にあきあきし、希望をゆだねた民主党のこれほどまでの裏切りに、大多数の国民はもはや政党政治そのものを信じることができなくなっている。
そして、派手な言動でカタルシスを演出するポピュリストへの幻想にすがる傾向に拍車がかかるだろう。

野田首相本人は、いかなる批判にも屈せず国家百年の大系を成し遂げたつもりかもしれないが、実は日本の議会制民主主義の終焉の引き金を引いた人物として歴史に残るかもしれない。


2012.05.26 15:06|未分類
原発再稼働への口実として、まず「安全性が確認された」といい、それが批判されると「電力需給が危ない、停電は避けなければ」となり、大阪府市戦略会議や政府需給検証委員会の追及で節電で乗り切れることが見えてくると、「今度は経済に与える影響」が持ち出されている。

これまでも、原発ムラの広報は、次々と原発必要論を編み出してきた。

まず、「無限に尽きない夢のエネルギー」・・これは増殖炉=プルトニウムサイクルという夢物語を論拠としていたが、増殖炉開発が技術的にもコスト的にも行き詰り、そのうえ「増殖」すらほとんど無理なことが明らかとなり、1970年代頃までには増殖炉実用化の夢は幻となっていた。
同時に「トイレなきマンション」という致命的欠陥も明らかになっていたのだから、合理的な判断としては、この段階でさっさと原発には見切りをつけるべきだった。
だが、もはや政官産学複合体を形成していた原子力ムラには、その選択枝はあり得なかった。

そこでマフィアが唱えたのが「石油が近い将来枯渇する」「原子力は準国産エネルギー」というお題目
しかし、これも枯渇するはずの時期が何十年たっても40年先のまま、まるで逃げ水のように遠ざかり、よくある「○年○月に世界は滅亡する」という予言並みの大嘘とばれてしまった。それどころか、それを言うならウランの方が先に枯渇するというデータまで出てしまった。

チェルノブイリ事故を契機に一気に脱原発世論が広がり、危機感を持ったマフィアたちは、徹底的なメディア戦略を打ち出し、その「決定打」として大宣伝したのが「電力の○分の1は原子力」「原発なしでは原始生活」と、おりからの地球温暖化問題に便乗した「原発はCO2を出しません」「地球にやさしい原子力」路線だ。

札束で立地地域、メディア、政治家を買収して続々建設された原発を最優先で動かした結果、確かに表向き原発の占める比重は増大する一方となりっており、この宣伝は一番成功したように見えた。
そうまでして合理的判断に封印して原発に固執した結果がフクシマである。
そして全国の原発が止まってみると、何のことはない、原発なしでも電力不足はないことが隠しようもなく露見してしまった。

その結果、冒頭のとおり最後の口実として「経済への悪影響」が持ち出されてわけだ。
しかし、それもまた大嘘、あるいはきわめて一面的で誇張された主張である。

 → 脱原発入門講座→「脱原発で産業空洞化?

要するに、まるで勝手の軍部が一億道連れにしても自らの崩壊を招く敗戦を拒否しようとしたように、何があろうが原子力にすがりつきたい勢力が、残念ながらなおこの国の支配権を握っているということである。
2012.04.08 19:47|未分類
空いた口がふさがらないほどでたらめな大飯原発の再稼働が強行されようとしている。
大阪からは関電前ハンストの呼びかけが発せられている。


***************
日時 4月9日(月)~13日(金)
10:00~17:00 (夜は帰宅)

場所 関電本社前
大阪市北区中之島3丁目6番16号
最寄り駅:地下鉄肥後橋駅、京阪中之島線渡辺橋駅

準備不足の中、突入します。
ハンストはリレーでつなぎます。
(1日~3日間のハンスト 夜は帰宅)
ハンスト参加者歓迎
サポーターや応援もぜひ連絡下さい。
よろしくお願いします。
***************



1988年、伊方原発出力調整実験反対の運動から脱原発運動が爆発的に全国に広がった。
その幕開けは全国から駆け付けた人々による1週間近くも続いた徹夜の四国電力本社包囲行動だった。
包囲行動の頂点が「原発さらば記念日」と名付けられた大集会兼お祭り。
そのビデオがこちらにありました。
http://champloose.ti-da.net/e3300106.html

あの時に比べて、なんと関電前の平穏なこと・・。
今、福島事故を現実に目の当たりにし、大地震連発が予想される中での再稼働という、あの時の出力調整実験よりもはるかに深刻な危機感があるはずなのに、あの包囲行動ほどの運動が巻き起こらないのはどうしてだろう。
いや、大運動を「巻き起こせていないのはどうしてか」あるいは「どうすれば巻き起こせるか」と問わないといけないのだろう。

多分、今は当時より層としても厚く、総数としても多くの人が動いている。
だが、それを、節目の一点に集中させることができていない。
無数の個別蜂起はあるが、大攻勢に持って行けていない。
それぞれの課題、それぞれ場での運動に忙殺され、大きな戦線構築ができていない。
勿論それは無理はないし、それぞれの場での運動創りがまず先決というのも間違いない。

ただ、旧式の表現を使えば、なんとかして「統一戦線」的な連携を実現しないと原発マフィアに個別撃破されてしまうだろう。
脱原発派の政党や、全国的な影響力のある著名人をコアに、全国の草の根も結集して
小異を捨て、過去のいきさつ・しがらみ等も超えて「脱原発全国運動」といったセンターを結成できないものか。
できることなら近く予想される衆議院選挙で、統一候補といわぬまでも、せめて選挙協力くらいはできれば画期的だが・・。

無残なまでの政治のメルトダウンの果てに、このまま「消費税選挙」になってしまえば、脱原発を真剣に望む者は、死票覚悟で社民党や共産党に入れるか、それともハシズムに魂売ってでも原発止めたい思いを託すか・・、そんな選択に追い込まれかねない。
2011.12.23 08:38|未分類
さよなら原発神戸アクションの公式ブログがリニューアルオープンしました。
旧ブログ http://ameblo.jp/sayonaragenpatukobe/ は、更新停止していますので、
新ブログ http://sayogenkobe.blog.fc2.com/ にリンク、ブックマーク変更お願いします。

さよなら原発神戸アクションとは、チェルノブイリ事故以来、神戸で脱原発の市民運動を進めてきた「さよなら原発神戸ネットワーク」が母体となって、福島原発事故をきっかけに4月に発展改組した市民団体です。
2011.08.06 08:53|未分類
さよなら原発1000万人署名に向けて9・19 5万人集会が呼びかけられていますが、神戸ではこれにつなげるために、原発震災から6か月目の9月11日に大規模集会・イベントが開かれます。
いま、主催者の「さよなら原発神戸アクション」では賛同とブースや展示、パレード参加など、それぞれのスタイルで多様な参加を呼びかけています。

さまざまな立場からのアピールが予定されているほか、多くのアーティストの協力参加でコンサートとしても十分楽しめるはずです。おまけにパレード終了後もキャンドルナイトで充実したステージと交流もあるという、超欲張りイベントです。

ぜひバーっと広めてください。

※とっておき情報・・あの河野太郎衆議院議院も政治日程が許す限り参加くださる予定です。

911表  911裏



★☆★☆★☆ よびかけ  ★☆★☆★☆

さよなら原発 9.11神戸アクション
協力要請
      

東日本大震災で多くの方が亡くなり、そして未だに元の地域に戻ることができない被災者もたくさんいらっしゃいます。とくに福島では、原発事故の収束の見通しは立っていません。メルトダウン(炉心溶融)からメルトスルー(格納容器の底を破る)を経て、メルトアウト(炉心がコンクリート容器を突き破って地下から放射能汚染が進む)になる可能性があります。しかし政府はそこに手を打たず、地震によって原発が損傷した可能性を指摘されていながら、いい加減な津波対策のみで他の原発を再稼働しようとしています。
しかし、政府も世論に配慮してストレステストを行うことになりました。脱原発を求める地方自治体も増えています。さらに、菅首相の脱原発宣言をささえる脱原発の大きな世論をつくれば、原発に頼らない社会を作ることは十分に可能です。
そこでさよなら原発神戸アクションは、震災から6ヶ月という節目の9月11日に下記のようなアクションを神戸で開催します。全国で開催される「9月脱原発アクションウイーク」の一環です。1000万人署名と9月19日の全国集会の成功をめざす「さようなら原発1000万人アクション兵庫県実行委員会」にも協賛していただきました。
さよなら原発 9,11神戸アクションに、ぜひご協力ください。


日 時 2011年9月11日(日) 
集 会 午前11時~午後3時 パレード 午後4時~5時30分
    キャンドルナイト 午後6時~9時
場 所 神戸メリケンパーク(JR阪神元町駅東口を南へ徒歩10分)

メリケンパークMap


ブース募集 
会場では飲食や物資販売・パネル展示などのブースを設けます。出店者を募集します。締切は8月31日です。テントを利用する場合はテント半分に付き3000円の出店料が必要です。

賛同金募集
一口3000円
希望者は当日配布のプログラムに名刺広告を載せさせていただきます。
郵便振込口座 00900‐8‐110030 神戸ネットワーク
※振込用紙連絡欄に「911賛同金」と表記してください。
※名刺広告をご希望の方は8月中に、下記まで掲載データをEmailでお送りください。

さよなら原発 神戸アクション
連絡先 高橋
dfadl300★kcc.zaq.ne.jp(Email) (★を@に置き換えてください)

バナー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

神戸ネットワーク

Author:神戸ネットワーク
脱原発、環境、平和 市民活動のコーディネイト・支援
管理人連絡先=sts_kgw★live.jp(★→@)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。